一条工務店でorangehouse

狭小旗ざお地の築30年の建売住宅を建て替え
i-smart を建築し2016年7月より住み始めました。
情報発信&備忘録として書いてます。

エコキュートとエコジョーズ i-smartはどっち?

こんにちは、orangeです。


営業のTさん、昨日はお休みで家族とお出かけしたそうです。

わたしは、k展示場の元ミスコン営業さんとお出かけした妄想をしてしまいました。

すいませんm(_ _)m


エコキュートとエコジョーズ、とっちが機能的にも価格的にもお徳か?

ネットで検索するといっぱい出てきますので、今回はわたしの勝手な妄想サマライズした

意見を書いてみます。


エコジョーズのよいところ。

①常にフレッシュなお湯を使える。

 水道水を瞬間で沸かすので当たり前ですが、

 料理にも抵抗なく使えます。

②初期投資が低い

 基本ただの?高効率湯沸かし器ですので当たり前。

③床暖房の立ち上がりが早い

 これも瞬間で沸かすので温度が即上がります。

 お出かけするときに床暖房を切り、帰宅でスイッチをいれても

 即温まるようです。

 よって、光熱費が抑えられます。

 ちなみに、エコキュートでは止めて完全に冷えると復帰まで

 24時間かかるようです。

④ガスレンジは、アルミ、銅など鍋、フライパンの金属を選ばない

 これも当たり前ですね。

⑤修理、メンテナンスが簡単

 構造が簡素ですから、これも当たり前です。


エコジョーズとエコキュートの比較記事で結構意見が分かれるのが

①ですね。

エコキュートのタンク内部は基本洗えないので長期使用で

内部が汚れ、その水を使うのか、ってことです。


エコキュートのよいところ。

①ガスを使わないので、光熱費が抑えられる。

 ガス使用代もそうですが、ガスの基本契約料金も不要ですから。

 あと、ガス関係の工事費用も不要になります。

②火事が起こりにくい

 火を使わないのでこれも当たり前ですが。

③キッチンのレンジを清潔に保てる

 HIヒーターはフラットで継ぎ目もありませんので、簡単に表面を拭くだけで

 キレイに出来ます。

とここまで書いて、意外とエコキュートのメリットが少ないと改めて感じました。


じゃあなぜエコキュートにしたのか?

①まず、初期投資、これはi-smartの場合、標準装備で設定されてます。

これをエコジョーズに変更しても、お金は下がりません。

じゃあ、高い物が使えるならそうしようかな、って単純に決定。

②営業さんも設計士さんもエコジョーズは勧めなかった。

勧めない、よりほぼ反対でした。

これは、一条としての事情もある感じです。

③オール電化にするとお得なプラン&割引がある

 電化上手と、全電化住宅割引ですね、ー5%です。

④単純にオール電化に対するあこがれ

やっぱり未来の家、って感じですよね。

それだけですが。


で、例の「スマートライフプラン」ですね。

設計段階でこのプランしかなかったら、間違いなく

エコジョーズにしていたと思います。


しかし、

ここまでは、全て机上の妄想、実際は住んでみないと本当のところは

わからないと思います。

その時はまた記事にします。

以上











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。