一条工務店でorangehouse

狭小旗ざお地の築30年の建売住宅を建て替え
i-smart を建築し2016年7月より住み始めました。
情報発信&備忘録として書いてます。

i-smart  いくらで建つの?①

こんにちは、orangeです。


昨夜就寝中、部屋に積み上げてある引越しダンボウルの箱が崩れ

頭を直撃しました。orz


さて、家作りに当たり、一番初めに知りたかったことは、

「i-smartいくらで建つの?」ってことでした。

一条関係のブログを読み漁ったのもそれがきっかけです。


まずは簡単に必要費用の項目一覧です。


①建築本体工事      標準の素の家の価格

②建築申請その他業務   確認申請やらその他手続きの費用

③付帯屋外給水排水等工事 給排水工事、工事の足場、残土の処分などの費用

④標準仕様外工事     いわゆるオプション費用

             なぜかベタ基礎、深基礎費用も含みます。

ここまでが一条工務店に支払うお金です。


それ以外に

⑤その他工事       解体工事 外構工事 水道工事

⑥保険関係        火災保険 地震保険

⑦その他費用       登記費用 諸官庁手続き費用 

             設計報酬(これは一条に払う費用ですね) 

             契約書印紙代などなど

以上が一条工務店のフォーマットした資金計画書ベースの項目です。


それではorange家の①建築本体価格です。

施工面積 × 平米単価=103.51㎡×182925円 =18934566円

法人割引 18934566×2%=378691円

本体価格  18555875円     


千八百五十五万五千八百七十五円です!

坪単価で計算すると約60万円ですね。

平米単価は施工面積で変動しており、1円単位で動いてるようです。

よって、仮に50㎡の家を建てたからといってこの価格の半額になるわけではないようです。(当たり前?)

30坪なら、ほぼこれくらいでi-smartの建物本体は建ちます。


続く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。