一条工務店でorangehouse

狭小旗ざお地の築30年の建売住宅を建て替え
i-smart を建築し2016年7月より住み始めました。
情報発信&備忘録として書いてます。

なぜ一条工務店なのか④最終版

こんにちは、orangeです。


③までの自分の記事を読んではずかしくなりました。

だらだらと要点が見えないですね。


ってなことで、9月末に契約、100万円入金しました。

それでは、なぜ一条工務店なのか?


「家は性能」これに尽きます。

他のハウスメーカーと一条工務店の最大の違いです。

高気密高断熱を徹底的に追及している、唯一のハウスメーカーではないかと思います。

言い換えると、そのための仕様とコストのバランスを成立させているのが一条工務店ですね。

いわゆる一条ルールなることも、コストを成立させるひとつ必須要件なのかも

しれません。

全館床暖房、三重サッシ、壁厚240mmなどなど

他のハウスメーカーではとても一条の価格では設定できません。

そのためか、設計の自由度もかなり制限されていて、設計中には「建売住宅」感で

何度か疑問を持ったことも事実です。


orange家としては、「寒くない暑くない家」ここに最大の価値を感じ

契約にいたったわけでした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。